LRG-DSC02586kokoko
新学期が始まりましたね。

さて、今回も整理収納サービスの
実例をご紹介します!
<リビング収納>編です。

お客様はフルタイムで働く
ワーキングマザー。

忙しくされているからこそ、
効率化への意識が非常に高く。
今まで色々な収納を試したけれど
思うように片付かず、何とかしたい!
というご依頼でした。

階段下収納をメインに、
キッチンカウンター下、
こども収納ロッカーなど
リビング内の複数箇所を
プランニングさせて頂きました。

◆BEFORE◆
IMG_6521ko
特にお悩みだったのが
リビング階段下収納。

階段下といえば扉口が狭く
天井が斜めという特徴から
スペースを区切り、モノを収めるのが
難しい場所でもあります。

◆BEFORE◆
IMG_6526ko
<具体的な悩み>

・収納が機能していないせいで
 収まりきらない様々なモノが
 ダイニング周りに散乱してしまう。

・仕事から帰宅後、
 上着などの服が散乱する。

・疲れて帰ってきて
 家族がモノをあちこちに置くことに
 イライラする。

◆BEFORE◆
pagejiko
<要望>

スッキリ、使いやすい収納にしたい。

片付けに追われない日々を送りたい。

精神的・時間的余裕を手にいれたい。

今回のプロジェクトは
①片付けなくていい仕組みづくり
「服」の定位置を設ける
③既存の収納グッズを活用


という方向性でスタートしました。

ヒアリングを行う中で
プランニングの「軸」と判断したのが
仕事から帰宅後~就寝までの時間。
ここの「暮らしの仕組み」をつくる
お手伝いをすることが使命でした。

そこで行ったのは
ご家族全員の行動パターンをまとめ
その間に流動するモノを洗い出し、
最適な収納分析を行いました。

テーマは
ワーキングマザー目線の
時短収納


◆AFTER◆
LRG-DSC02583koko
BEFOREでは横構成だった
スチールラックを縦に並べ変え、
服をかけるバーを新設。
子供の身長に合った高さに設定しました。

◆AFTER◆
LRG-DSC02585koko
収納ケースは新たな購入は控え、
既存のものを活用し、
使いやすい配置に並べ変えました。

◆AFTER◆
LRG-DSC02580koko
文房具、マスクや医薬品など、
頻繁に使用する細々としたモノは
カウンター下棚へ。
ファイルBOXで分類し収納しました。

◆AFTER◆
LRG-DSC02586kokoko
こどもロッカーは
ラベリングで住所を明確にし、
本来の姿を取り戻しました。

私たちの整理収納サービスは
その場限りの片付けではありません。
キレイな状態を維持できる
収納を実現します。

整うことで意識がかわり。
片付けに必要な行動力判断力が磨かれ、
整理収納というものの
新たな価値観をお伝えいたします。


(実施内容)
●カウンセリング
●モノの要不要
●収納プランニング
●分類・定位置管理
●ラベリング

(プラン)
●3時間×2日間コース


お客様の的確な判断力のお陰で
通常よりも、かなり早いペースで進められ
内容の濃い6時間となりました。
M様、ありがとうございました。


 








にほんブログ村