page2ko

こんにちは。
整理収納アドバイザーのtomoです。


皆さん、ご自宅のキッチン
使いやすく・キレイに片付いていますか?


主婦にとってキッチンとは
多くの時間を過ごす場所ですから


少しでも"使いづらい"
ストレスポイントがあると


日々の家事効率に大きくかかわってきます。




IMG_1213ko

そこで今回は
今からでも!誰でも、簡単に出来る!


キッチンの整理術を
実例BEFORE&AFTERとともに
ご紹介します!!




\ BEFORE /
IMG_1218ko


IMG_1214ko

モノの定位置はざっくり決まっているのですが
「最適な収納場所」が与えられていないため


たとえば、引き出しの中の食品ストックは
どんどん上に積み重なり


取り出しづらく、しまいにくい。

どこに何があるかも、わかりづらい。



本来の収納容量をいかしきれていない現状です。




\ BEFORE /
IMG_1217ko

収納をいかしきれていないから
全てのモノを中に収めきれず


おもてにモノを出しがち



掃除がしづらい



更に片付かない



という負のループに。




IMG_1221ko

今回も


①全出し(モノを全て出す)
②要・不要判断
③分類
④定位置管理



のステップを守り、
機能的にキレイに整えていきます。




\ AFTER /
IMG_1231ko

映える収納を目指して収納本を買ったり
新たに収納グッズを買い足さなくとも


以下のコツを実践すれば

今すぐ、快適なキッチンに
整えることができます。



・カテゴリー別に分類する
・動線を短くする





①カテゴリー別にわける
IMG_1230ko

鍋、フライパン、調理器具、食器など
カテゴリー別に、細かく分類していきます。


食品を分類する場合は


レトルト、麺類、粉モノ、ボトル調味料
乾物...etc


スーパー陳列の商品カテゴリーを
意識してもらえればわかりやすいです。




食品や日用消耗品って
買うものも、買い方も
各家庭によって異なりますよね。


たとえば、スーパーでその都度
ちょこちょこ買う派


あるいは
ネットやコストコで大量にまとめ買い派など




\ AFTER /
IMG_1237ko

各ご家庭の買う量を考慮しながら

カテゴリー別にわけたモノたちを
引き出しや棚の中へ収めていきます。




②動線を短くする
IMG_1241ko

モノを引き出しや棚へ収める際に
意識したいポイントとしては


たとえばよく使うラップの置き場所は

レンチン時にレンジ前で
ラップをかけることが多いから


動線を短くするために

レンジのすぐ下へ。




\ AFTER /
IMG_1242ko

モノを収めるときは


「この引き出しにぴったり入るから」

だけではなく


いつ、どこで、そのモノを使うのか



を考えた上で収納場所を決定すれば

格段に使いやすいキッチンに
生まれかわります。




\ AFTER /
IMG_1232ko


IMG_1239ko

今回は新たな収納グッズは買い足さず


・不要なモノを取りのぞく

・カテゴリー別にわける

・最適な場所に収める


3点に注力し、使いやすいキッチンに
整えることができました。




\ AFTER /
IMG_1231ko

床直置きのモノがなくなったことで

キッチンを広く使えるようになり
床掃除もしやすくなったそうです。



キッチン整理は、細々したモノが多く
時間も労力も必要ですが


片付いたときの達成感は一番かも!


片付け熱が高まる今、
ご自宅のキッチンを見直してみては
いかがでしょうか。





<整理収納プラン>
●5時間×1日コース



整理収納に関するお仕事以来は
下記HPより承っております。


LIFECO


M様ありがとうございました。





愛知県 豊橋市 豊川市 田原市 東三河
LIFECO
暮らしデザイン収納

整理収納アドバイザー

中田 智恵







関連記事はコチラ↓↓










応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村