IMG_5802koko

こんにちは。
整理収納アドバイザーのtomoです。


整理収納のお仕事をさせて頂く中で
モノが多い御宅や少ない御宅、
今まで様々な暮らしを拝見しました。


その中で1つ、未だ明確な答えを
導き出せていなかったことがあります。




IMG_5833ko

それは「適正量」について。


家族構成や住まい、ライフスタイルが違えば
適正量というのも人それぞれ。


どれが正解かなんて、ないのです。



じゃぁ「それぞれの量」って、
具体的に、どれくらいが適正なの?


その答えをずっと、探し求めてきました。


ついに答えというか、適正量に対する考え方の
"ヒント"となるような出会いがありました。




IMG_5804ko

「収納をすごく工夫した家に住む
 友人がいるんだけど....行ってみない?」


友人の誘いで、
とある手芸作家さんの御宅を訪ねました。




IMG_5806koko

ご夫婦とお子さんの5人家族。


広いお庭が印象的な2階建てのお家は
創造的な世界観と工夫で溢れていました。




IMG_5811ko

リビングのオープンラックには
本やおもちゃ、雑貨などが飾られ
まるでカフェのような雰囲気です。


収納棚をくまなく開ければ、
モノはかなり多いはずなのに
どこもきちんと整理されている。




IMG_5827ko

「この収納の仕組みにした背景は....」
「この場所に、モノを配置した理由は....」


どこを見ても彼女なりの明確な収納ルールや
"持つべき"理由があって


モノが多くとも、
管理が行き届いていない箇所は1つもなく


細部まで手書きのラベリングがされ
全て丁寧に整理されていたのです。




IMG_5826ko

モノに囲まれた暮らしの成功例を
実際に目にする機会がなかったので

まさに、目から鱗でした。




IMG_5823ko

モノを多く持つことが悪で
モノを減らすことが善なんかではなく


管理する人の「キャパシティ」に合った量こそが、
適正量なのかもしれない。



そうか、だから我が家は
持たない暮らしがベストなんだな




IMG_5817ko

片付けにおいて"自分自身を見つめること"
自分を知るということはとても大切です。


家中の収納を見終えた後、
まるで彼女の「頭の中」まで垣間見れたような
そんな不思議な感覚につつまれました。



「住まい」とは住む人の、
考えがあらわれる場であり

「暮らし」とは住む人の、
知恵そのものである。



収納アドバイザーとして、
また1つ大きな「気づき」を得たと同時に

暮らしを整えることの大切さを、
改めて実感させてもらいました。


MAさん、ご協力ありがとうございました!




関連記事はコチラ↓↓













にほんブログ村