IMG_7302ko
こんにちは。
整理収納アドバイザーのtomoです。

雨の日が続くと困るのが、
洗濯物ですよね~。
雨の時は主に乾燥機を使っていますが、
洗濯物の量が多いので、
乾燥機と併用して、室内でも干します。

近頃の住宅では、洗濯&干すための
オシャレな「サンルーム」があったり、
バスルームに、乾燥設備が完備されていたりしますよね。

築40年の社宅に住む私達。
そんな設備は全くなく~(p_q*)

給湯システムも、昭和時代のままだし...
お風呂を沸かす時は、ピッとボタン押しじゃなく
レバーを回してカチっと点火!という
もう~ほんと驚きの古さ(; ̄Д ̄)


という訳で、入居3年目にして、
念願だった部屋干しスペース
自分でつくりました~!

IMG_7239ko
作ったなんて大袈裟なこと
言っちゃってますが、
強力突っ張り棒を「つけただけ」です。

お気づきの方も多いと思いますが、
仕事でも自宅でも、活用しまくっている
「強力突っ張り棒」



狭いスペースを無駄なく活かすには
まさに最強のアイテムだと確信しており。

賃貸住宅や、社宅などといった
スペースが限られる住まいは特に
床をいかに埋めずして
家事動線を考えたシステムを配置するか。
そこに重きを置いています。

我が家は乾燥機併用なので、
干すスペースはそれ程必要なく、
突っ張り棒の長さは130cm程度です。

IMG_7281ko
設置場所は、洗濯機の真上。
身長に合わせ、洗濯機に干渉しない程度に
低めにつけました。

この場所を選んだ理由は、
風通しがいい場所であることと。
最たる理由は、洗濯動線をスムーズに
したかったから。

設置してからの洗濯手順はコチラ。

【室内干しの場合】
① 洗い終わった衣類を洗濯機から出す
② ハンガーにかける
③ 扇風機で風通しを良くし、乾かす

【外干しの場合】
①② 室内干しと同じ
③ 外へ洗濯物を移動する
④ 乾いたら、室内へ取り込む
⑤ ハンガーを突っ張り棒へ戻し、
  翌日の為にセッティングしておく


IMG_7318ko
イメージ通り、無駄のない動線に。
洗濯は毎日のことなので、
とってもラクになりました。



あ、あと。
室内でハンガーにかけてから
外へ持ち出すので、日焼け防止にも
効果ありです(´∀`)

IMG_7303ko
どんな住まいでも、
使いやすく、自分たちらしく。
転勤族にとっての永遠のテーマです。



愛知県 豊橋市 豊川市 田原市 東三河
LIFE CO
暮らしデザイン収納
整理収納アドバイザー
中田 智恵







応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村